◆社会保険労務士の業務【その2】◆

人事労働管理のコンサルティング

企業経営の3要素と言われる「ヒト、モノ、カネ」。そのうち「ヒト」が最も重要だと言われています。

65歳までの雇用の確保が義務づけられ、契約社員・パート・アルバイト・派遣社員といった雇用の多様化が進む昨今、多様化した人材の能力をいかに引き出し活用するかが、企業の生産性を高めるための重要課題だと言えるでしょう。
企業の業績アップには、年俸制や能力給等の導入といった賃金体系の変更、能率を上げるための労働時間制など、職場のみなさんがいきいきと働ける環境づくりへの工夫が欠かせません。

しかし、それぞれの企業が業績をアップさせるために最も適した体制は、その業種や、働く人と顧客の性別・年齢層などによって異なります。

社会保険労務士は、その会社の実情を専門家の目で分析し、きめ細かいコンサルティングを行います。企業の発展を促すことは、労働条件の改善にもつながり、企業の更なる活力を生み出します。

◎労働者の能力を活かせる職場作りを支援します。

  

【人事コンサルティング各種】

  • ◆就業規則の作成、変更
  • ◆労働時間、休日等の労働条件
  • ◆賃金制度の設計
  • ◆人事関係
  • ◆個別労働関係紛争の未然防止と解決
    (紛争解決代行手続代行業務は特別社会保険労務士のみ)
  • ◆安全衛生管理
  • ◆福利厚生
  • 全国社会保険労務士会連合会
  • 埼玉県社会保険労務士会
  • 埼玉県社会保険労務士会春日部支部
  • 厚生労働省
  • 全国健康保険協会
  • 日本年金機構
  • 春日部中学校同窓会のお知らせ
  • SRP認証マーク

    当事務所は、個人情報保護事務所としてSRP認証を取得しております。
    SRP認証制度とは、社会保険労務士事務所が個人情報に関し運用意識が高く、基準を満たす社労士事務所に与えられます。