◆社会保険労務士の業務【その1】◆

労働社会保険関連の手続き代行

労働社会保険関連の書類作成には思ったよりも時間を費やしているものです。社会保険労務士は、この業務を代行することで、時間や人件費を大幅に削減します。 また年度更新や算定基礎業務は、その基礎となる賃金の定義や保険料の算出について専門的知識が必要です。この申告額に誤りがあると追徴金や延滞金を徴収されることもあります。
社会保険労務士は、これらの業務を正確かつスピーディに、経営者に代わって行います。

◎会社の雑務を減らして本来の業務に専念することができます。

  

【代行手続き各種】

  • ◆会社の労働保険・社会保険の新規加入手続
  • ◆従業員の採用・退職に伴う取得・喪失手続
  • ◆従業員が業務上で病気・怪我をした場合の労災保険給付手続
  • ◆従業員が業務外で病気・怪我をした場合の健康保険給付手続
  • ◆従業員が出産した場合の健康保険給付手続
  • ◆従業員が育児休業を取得した場合の社会保険・雇用保険手続
  • ◆労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎手続など
  • 全国社会保険労務士会連合会
  • 埼玉県社会保険労務士会
  • 埼玉県社会保険労務士会春日部支部
  • 厚生労働省
  • 全国健康保険協会
  • 日本年金機構
  • 春日部中学校同窓会のお知らせ
  • SRP認証マーク

    当事務所は、個人情報保護事務所としてSRP認証を取得しております。
    SRP認証制度とは、社会保険労務士事務所が個人情報に関し運用意識が高く、基準を満たす社労士事務所に与えられます。